不動産会社の一覧で注文住宅を賢く選ぼう『チェックTHEハウス』

一軒家

会社員に最適

物件を探すときのトレンド

不動産

賃貸からの住み替えやマンションからの買い替えでは、練馬区内の一戸建て住宅が大人気です。しかし住宅を購入するのではなくて、土地を購入して独自設計の注文住宅を建築するのが最近のトレンドです。特に会社員であれば、都心への通勤にも便利な練馬区内に住むことは憧れであり、注文住宅にこだわりを持つ人が増えているのが最近の傾向です。また練馬区内の土地は人気が高いために、購入しやすい物件を選ぶためには、20坪から30坪の宅地から選ぶべきです。また狭小地であっても形状が整った物件を選ぶことで、設計の自由度が高まるのが魅力的です。そして土地を購入して住宅を建てる場合には、生活形態に合わせて外観と間取りにこだわるのが現在の流行のスタイルです。

練馬区内の不動産の将来性

練馬区の不動産は東京23区内にあるというメリットが大きく、将来的にも資産価値が高まるでしょう。したがって家を建てるために土地を購入するだけではなくて、価値ある資産を保有するという位置づけも重要です。そのために通勤に便利な地域に家が持てるメリット同時に、子供や孫にも不動産という資産が残せるメリットも大きいです。また引き続き練馬区内の土地価格は高止まり傾向が続くので、今後も狭小地の販売の増加傾向が続くでしょう。そのために住宅メーカーや地元の工務店でも、練馬区内の地域の実情に合った建築プランを提案することが今後にテーマです。特に土地を有効に活用することや、災害にも強い重厚な建築プランの提案が、業者に求められている課題です。